メニュー

内分泌内科とは

内分泌内科とは、主にホルモンの異常による病気(先端巨大症、プロラクチノーマ、下垂体機能低下症、バセドウ病、橋本病、アジソン病、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫)などについて専門的な診断・治療を行います。

ホルモンの異常は、血液や尿の検査でホルモンの値を測定しないとわからないことも多いので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

当院では必要に応じて連携先の医療機関と協力しながら内分泌疾患の診療を行っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME